家電量販店のモニターはFPSには不向き

Posted in 未分類 on by .

eizoのモニタの代金は支払ったけど来るのはまだ1週間先という。今の環境だとSoftTHはnVidia SurroundやEyefinityと比べると2~3割のFPS低下があるぽい。つまりモニタを買い換えればグラボ変えなくても3割アップということ。Quake3がfpsの全盛期だったころ(モニタがCRT一強のころ)、ディスプレイは解像度よりも120fpsを維持することが重要視されていたのは、今考えると正しかったのかも知れない。明らかに車酔いと違って、不自然な酔いを感じる。USB使ってるならデバイスの入力遅延はあんまり違わなさそうだから、モニタに気を使ってなかったか、1.10a以前ならOS問題でfpsが違ってた可能性がある。モニターでFPSって変わるんだね。モニターだいぶ遠くに置かないと全部見えないな。まぁ近くに置けばゲームの視野角をリアルに感じれるから臨場感溢れるFPS出来る。FPSゲーマーとしては一回やってみたい感はある。

TURBOボタンと水冷クーラーついたPC。とりあえず、グラボとモニターをちゃんと接続することかな。PC版PSO2の設定でFPSの設定あるけど、「FPS無制限」は絶対ダメ。「FPS120」にすること。じゃないとグラボ酷使しちゃう。モニターがBenQ付いてくる。今までモニターの画質10段階のレベル5だったのを7にしてみたらFPS上げすぎてヌルヌル気持ち悪いみたいな感覚になった・・・戻すか、どうしよう。ps4自分の部屋に持ってっちゃいけはいわけわかんないルール。正直モニターは、用途別に仕様が整理されてく流れだからFPS特化系は多分余程の技術介入が入らない限り144仕様のままかと思われ。MOBA系特化仕様のモニターとかも種類そろい始めてる。ってかFPSガチでやるんだったら液晶買えだな。家電で売られている、TVが観れる液晶画面は、FPS、格闘ゲームとかの凄くシビアなゲームには向いてない。
かと言って、PC用のモニターで安物を買うと視野角が狭すぎるのと、同じ状況になる。